タイルアート技法

<クエルダ・セカ技法 Técnica de cuerda seca>
釉薬の色同士が混じり合わないよう、 水をはじく絵具あるいは鉛筆で模様を描き、その内部を釉薬で彩色する技法です。 この技法が生まれる前は、モザイクタイル技法が長い間使われてきました。 しかし、膨大な時間がかかるため、クエルダ・セカ技法と クエンカ技法が生まれました。 クエルダは「紐」セカは「乾く」という意味です。 当教室では主に鉛筆を使用していますが、この他に黒い顔料とオイルを使用した 絵具で輪郭を描くパターンもあります。焼成後に残る黒い輪郭が「乾いた紐」のように見え、このような技法名となりました。 鉛筆描きした箇所は熱で消えてタイル素地が現れ、モザイクタイルのように見えるのが特徴です。

<クエンカ技法 Técnica de cuenca>
石膏型に模様を彫ります。粘土を詰めて型抜きをすると輪郭が凸形に浮き彫りになります。 乾燥後に素焼きをし、スポイトや筆を使用して凹の部分に釉薬を流し込むように塗るため、色が混じり合いません。型は何度でも使用できるので、同じ柄のタイルが複数作れるのが特徴です。 レリーフタイルとも言います。

<水彩技法 Técnica de sobre baño>
素焼きタイルに白あるいは薄い色の釉薬をかけ、その上から水で溶いた顔料(色の粉)で絵付けをし、焼成します。細かい柄も描けるのが特徴です。

<チューブライニング Técnica de línea de relieve>
素焼きタイルにエンゴーベ(オイルで溶いた化粧土)を使い細い線のように抽出しながら模様を描きます。描いた柄が凸形に盛り上がります。エンゴーベが乾くのを待ち、スポイトや筆を使用して凹の部分を釉薬で彩色する技法です。

タイルアート教室を開催しています。詳しくは『タイルアート教室のご案内 』をご覧ください。